ある時、口唇ヘルペスにかってしまいました。
唇の上側にヒリヒリとした痛みと、水ぶくれが出来ました。
最初は単なる唇の荒れが悪化したものだろうと思って、市販のリップクリームを塗っていましたが、少し良くなっては悪くなるの繰り返しでした。
特に、天気のいい日に太陽を浴びた後に、ヒリヒリとしてきて、そのあと水ぶくれが破けてぐちゅぐちゅとしだすのです。
この症状は一体何だろうと思って、しばらくしてからネットで調べてみました。
そこで、初めて口唇ヘルペスだろうと確認しました。
しかし、どうしてこんなものに罹ってしまったんだろうと、色々と理由を考えてみました。
すると、とある人とキスをしたことを思い出したんです。
その人の唇には、水ぶくれのようなものがあって、気にはなっていましたが、今となればそれがヘルペスだったんだろうと思います。
ヘルペスから水ぶくれから出る汁は、人へ簡単に感染させてしまうようなのです。
私のヘルペスは、この人からもらったんだと思います。

ヘルペスをニンニクで治療

さて、症状がヘルペスだと分かったので、次は治療について考えました。
一般的には、皮膚科へ行って、効果のある薬を処方してもらうのがいいようなのですが、皮膚科へは行きづらかったです。
かかりつけの皮膚科はあるのですが、いつもとは違う皮膚の症状ですし、ヘルペスで行くのはためらわれました。
実際そんなことはないと思うのですが、恥ずかしいと思ったのと、費用が掛かるしな、と思ったので、まずは皮膚科には通わないで何とかしようとしました。
色々と情報を探していると、ヘルペスには、ニンニクが効果があると出てきました。
ニンニクなら、いつも冷蔵庫にあるので、とりあえずその方法を試してみることにしました。
やり方は、ニンニクを切って、その断面を患部に塗る、というもの。
最初にやってみたときには、私の水ぶくれがまた出来ていたところで、ニンニクの断面をその傷口に塗ると、非常にしみました。
とにかく痛いのです。ヒリヒリというかビリビリしてたまらないし、なんせ臭いので外出前にはできません。
でも、この痛さは、効き目のある証拠かもしれない、と思ってしばらくやってみることにしました。
ところが、2-3日経ってもまるでよくなる気配はありませんでした。
ただ痛みが増しただけで、直る様子はありませんでしたので、この方法は中断することにしました。

結果的に市販薬で治しました

結局、ドラッグストアで見つけた市販薬を塗って様子を見ることにしました。
結果、すぐに治りました。
2日も経つと、症状は現れなくなりました。
ニンニクは、殺菌効果があるので、もしかしたらヘルペスに効果があるのかもしれませんが、完治はしません。
人に感染させてしまう前に、市販薬や皮膚科の処方で治療してくださいね。