唇の周りに小さな水泡ができて、見た目も気持ち悪いし、触ると痛い!口唇ヘルペスに悩まされる方、いらっしゃるかと思います。

今は情報があふれていますから、はじめて口唇ヘルペスになったという時も、自分が口唇ヘルペスになったらしいということと、口唇ヘルペス用の薬があるということはすぐに分かるでしょう。

でも、急いで近所のドラッグストアに行ったとしても、口唇ヘルペス用の薬は売ってもらえないかもしれません。

今の日本では、口唇ヘルペス用の薬は第一類医薬品に指定され、病院か、薬剤師の方がいる薬局でしか取り扱いが出来ません。

多くのドラッグストア(とくに便利のよい夜遅くまで開いているようなドラッグストア)は、第二類・第三類の医薬品の取り扱いまでしか許されていないので、第一類に指定された口唇ヘルペス用の薬は取り扱うことが出来ないのです。

「まあ放っておけば治るし、わざわざ病院に行くのも、いつもと違うドラッグストア探すのもな・・・」と言う方に、口唇ヘルペス用の薬に頼らない、自分自身と近くのドラッグストアで事足りる、口唇ヘルペスを治す方法をお伝えしたいと思います。

そもそも口唇ヘルペスの原因というのは、ヘルペスウイルスというウイルスです。

しかし、そのウイルスに感染したからといって、すぐに症状が出るわけではなく、感染者の免疫力が下がっているときに発症します。

ですから、疲れがひどい時や、風邪を引いたときに毎回出ると言う方も多いと思います。

つまり、免疫力がまた上がりさえすれば、ヘルペスは治るのです。

では、免疫力を挙げるためには何をしたらよいでしょう。

まずは規則正しい生活、充分な睡眠、体を温めることなど、風邪の予防のために行うようなことを心がけましょう。

また、病気でも怪我でも「体の内側から7割、外側から3割」の働きかけで治ると言われています。

まず、「体の内側から」として、免疫力を挙げるために、サプリメントや健康食品で、アミノ酸をとることが必要になります。

アミノ酸の中には、免疫力をアップするアルギニン・グルタミン・シスチン・テアニン・システインといった成分が入っており、特にアルギニンはヘルペスウイルスの増殖を抑制すると言われています。

積極的にとりましょう。

アミノ酸のサプリメント・健康食品も数多くあり、液状のものやタブレット状のものなど様々です。

自分に合ったものを選んでください。

あとの「外側から3割」の部分では、口唇炎や口角炎に効果があるような、薬を塗りましょう。

炎症を起こしている部分がこれ以上広がらないようにするためです。

併せて、直接症状が出ている部分に触れないこと、舐めたりしないことも大切です。

口唇ヘルペスは自分で治すことが出来ます。

病院や薬局に行くのが面倒だと言う方は、ぜひこの方法をまず試していただきたいと思います。

また、何回も繰り返す方は、免疫力の下がるような生活をしている可能性があります。

自分自身で注意して予防をしましょう。
 
http://www.hegelslogic.net/