生理痛の緩和法は体を冷やさないこと

とにかく体を冷やさないことです。
冬ならカイロや腹巻をして、お腹を暖かくします。
夏でも冷房で冷えてしまうので一枚はおり物を常備します。
冷たい飲み物は避け、温かいお茶できれば白湯にします。
カフェインも刺激になるので、コーヒーや紅茶は飲みすぎないようにします。
熱帯のフルーツやトマトなど暑い地方の食べ物も体を冷やすので食べ過ぎに注意します。
胃腸の動きも弱るので、あまり重い食事はとらないようにして、消化のよいものを食べるようにします。
鎮痛薬は痛みが本格的になる前に飲まないと間に合わないので早めに飲みます。
薬は習慣的に飲んでいると効きづらくなるので、なるべく飲まずに済ませたいところです。
デスクワークの人はひざ掛けを用意して、時々立ち上がって動くなどして同じ姿勢を続けないようにします。
目を使いすぎるのもよくないので、特に寝る前の携帯電話やパソコンは控えめにします。
夜は早めに休み、腰を少し丸めて横になると痛みが緩和されるみたいです。
湯たんぽをしておくと寝つきがよくなると思います。
普段からヨガやストレッチなどの軽い運動をして骨盤の血行をよくしておきます。
ストレスをため過ぎないようにして、生理中はゆったりとリラックスして過ごします。
トリキュラー錠21最安値